理想的な住まいにしよう|ローコスト住宅の魅力

建売住宅の特徴

間取り

建売販売される分譲住宅は、戸建て住宅の中でも安く購入できることで人気があります。ただし、完成物件となるために注文住宅と比べると自由度が無いことがデメリットとして知られています。けれども、中には間取りなどを変更することができる物件があります。しかも購入金額は変わらないので、かなりお得となります。そのお得な理由は、建設の前に契約することで、用意された選択肢の中から好きな間取りプランを選べることにあります。まるで注文住宅のように家族構成に合わせた住みやすさを実現することが可能となります。分譲住宅でありながら自由度が高いことで、販売されるとすぐに申し込みが入る人気の高さとなります。もちろん、立地面に関しても納得できることが前提となります。

分譲住宅の利点は土地と建物を同時に購入できるところにあります。注文住宅を建てる場合には、土地の購入には住宅ローンが利用できないからです。そのために建物を建てるまでは金利の高いつなぎ融資を受けることになります。分譲住宅ならば、そのような手間をかけずにすぐ新生活を送ることができます。その物件選びで大切なことは、区画開発されることに伴って生活環境も整備される地域を探すことです。例えばそれまで工場の跡地だった場所に分譲住宅を建設する場合、規模の大きな商業施設も建設する場合があります。このような条件の分譲住宅を購入すれば、快適な生活環境も手に入れることができるわけです。もちろんこのような快適な環境は分譲価格には含まれないので、かなりお得となります。